猫よけグッズの定番がとげとげシート(ここダメシート)です。

猫のフン尿から植物を守るもので、「トゲトゲを設置して侵入させない」というものです。設置後のメンテナンスがありませんし、100円ショップにも置いてあるので気になった方もいるでしょう。

スプリンクラーを設置できないなら、超音波器と同じくらいに優先度が高いかもしれません。

猫よけのここダメシートは効果がある

基本的には猫よけの効果があります。

ジャンプしてここダメシートを避ける猫はいますが、ここダメシートの上でくつろぐようなネコはいませんでした。

ここダメシートの上でフンや尿をすることはありません。花壇の横に配置すると効果的です。

使い方によっては効果がないことも

シートは配置した場所にしか効果がありません。

隙間があればそこを通りますし、平らな場所に置いただけではジャンプして簡単に避けられます。効果的に使うにはプランターや鉢の周りに置いたり、ブロック塀の上に設置しましょう。

設置場所が柔らかくても効果が低くなります。地面がクッションとなってしまうためです。人間が靴で歩いていると先が丸まるため、ねこよけの機能がなくなります。

また、室内で使う飼い猫用のやわらかいマットは全く効果ありません。

全く効果のない猫にはトゲトゲの長いタイプを使う

稀に、ここダメシートの上を平気で歩く猫がいます。

こんな猫にはトゲトゲが長いタイプのシートを使います。

【猫よけ防犯】ニャンガード ロングタイプ本体【針高約15cm】

新品価格
¥1,540から

害獣よけとげマット とげピー(黒)2枚入り

新品価格
¥1,328から

ここダメシート+竹串+木酢液を使ったケース

ここダメシートを使って野良猫対策をした方の例を紹介します。ここダメシートを置けない場所には竹串を使って対策しています。

ノラ猫の尿は植物の肥料になるどころか植物を枯らす性質があります。なにより臭いがきつく衛生的にも悪いので、これくらいの対策をしてもよいでしょう。